Jメールだって、PCMAXだって、ワクワクメールだって皆同じなんです。
コロナ禍で飲みに出かけられない男性たちがいるんです。
オンライン上の、お酒を楽しみたい男性たちが、コロナの影響を受けて多数いるんです。
最初の男性との飲みから、勢いづいた感じでした。
あらかじめ言っておくと、オンラインでお付き合いした人が全員高額支払いをしてくれたわけじゃありません。
なにもない人もいました。
低額な男性もいました。
それでも、募集をつづけ飲み関係をつづけていくことで、気が付けば莫大な収入に膨れ上がっていたのです。
それまでのパートで稼ぐ以上の金額。
お金を恵んでもらう方法を覚えて月に20万円近くが、オンラインで知り合った男性たちから受け取れていました。
これを把握した時、驚愕するばかりでした。

 

 パート仲間の千陽ちゃんに「凄い金額になっちゃった」と報告しました。
「今、じわじわオンラインパパ活が人気が出てきているからね、まだ稼げるよ」
継続した男性もいるし、定期的な副収入が、基本的に無料で入ってくる感じです。
お金の無償支援者探しに成功、不安な気持ちを吹き飛ばせるようになっていました。

 

 飲みでお金を恵んでもらうのは、実に気が楽でした。
天然だから、男性からすると癒し系のようです。
それが効果的で、男性に気に入ってもらえることがあります。
見た目は地味だけど、私に支払いをしてくれる男性がいる。
パパ活は見た目関係ないと言われています。
これ、本当のことだなと実感したりしました。

 

 コロナが落ち着きを見せた頃のことでした。
最初に知り合った男性から、実際の食事デートのお誘いが来て驚きました。
「子連れでも大丈夫だよ」
その一言に、子供と2人で食事に出かけていくことになりました。

 

 高級なレストランで、食べたことがない料理を食べつづけられました。
子供も喜んでいました。
帰りには、子供のオモチャまで購入してくれちゃって。
それでいて、お手当の支払いがやっぱり5万円でした。
お金を支援してくれる人との出会いは、コロナが落ち着いたあとも続き、私の生活をずっと応援してくれるようになっていました。

ページの先頭へ戻る