お金助けて掲示板は、コロナ禍の頃に知りました。
とても恐ろしい感染症が、国内に蔓延してしまったときは将来どうしようか?
不安ばかり強めてしまいました。
小さな企業で事務員をやっています。
シングルマザーですから、お金は沢山必要です。
そのため、事務員の他に掛け持ちでパートもやっていました。
このパートが、新型コロナの自粛営業で収入が途絶えてしまいました。
それでなくても、生活はカツカツだったのに、副業の収入が途絶えて大ピンチに…。
何とかお金の工面を考えた時に、お金助けて掲示板を発見しました。
個人間融資を出来る場所。
大勢の人たちが、お金助けて掲示板でお金の工面をしようとしていました。
また、お金の支援が出来る投稿まであります。
シングルマザーとしては、見逃せないものだって思いました。

 

 早速、お金助けて掲示板で金銭支援を受けようと活動することにしました。
熱い思いをお金助けて掲示板に投稿していきました。
奇特なお金持ちが、私に連絡を送ってくれるはず。
考えるだけで、どこか救われた気持ちを感じていました。

 

 お金助けて掲示板の投稿で、メールが到着するようになりました。
その数も多く、期待する気持ちだけを大きくしていました。
これで助けてもらえる、そう思っていたのですが…。
到着するメールの内容が問題アリでした。

 

 お金助けて掲示板で募集してやってくるメールは、消費者金融からの借り入れを提案するものだったり、悪質なビジネス勧誘のものであったり、また卑猥な写メや動画を要求するものであったり。
およそ、無償支援とはかけ離れたメールばかりしか到着しませんでした。

 

 パート仲間と話をしていた時、思わぬ収入方法を耳にすることになりました。
それが、リモートパパ活です。
お金助けて掲示板のような無料のところは、結局は詐欺ばかり。
リモート上の関係で、紳士から収入を得る方法があると言われた時、心が揺れました。
その関係もリアルではないから、新型コロナ感染の危険性もありません。
オンラインで、お酒や食事にお付き合いするだけ。
これだけで収入発生だと言うのです。
太パパにもなれば、その金額が諭吉何枚にもなると言われ、興味が尽きない状態になっていきました。

 

 無料の掲示板は危険だらけ。
詐欺のためにあるものでした。
実際に、男性から支援をしてもらう方法、完全無償というわけにはいかないとパート仲間に説明されました。
ネットの世界でも、それほど美味しい話は確実に有り得ないと断言されてしまいました。
対価を支払うことで、金銭的な支援を受けられるのだそうです。
しかも対価が、肉体関係ではありませんでした。
パート仲間も、この方法で無くなったパート収入を補充することに成功していると教えてくれました。

 

 デートパパとの関係。
基本的には、待ち合わせして食事に出かけます。
しかし、新型コロナという病気があるため、これができず。
リモート会議の要領で、オンライン上でお酒や食事にお付き合いする傾向が強くなっていたようです。
そういう相手と知り合えるのが、パパ活アプリとして最適なJメールとPCMAX、さらにワクワクメールだと教えてくれました。
同時利用で、出会いの確率も高くなるそうです。
パート仲間は、この三つの出会い系を利用、オンライン上の関係で収入を得ることに成功して生活を保てていたようでした。

 

 一条の光で、リモートでカンパしてくれる男性探しを始めてみました。
他に、収入の手だてがないのです。
これに賭けるしかありませんでした。

 

 オンライン上で癒してくれる男性を募集した結果といえば、私の立場を理解してくれる富裕層男性との出会いが待ち受けていました。
オンラインで、お酒や食事を楽しみ、電子マネーやギフト券を使った支払いをしてくれる男性たちとの出会いが訪れるようになっていきました。

 

 カンパしてくれる男性たちからの支援で、何とか乗り切ることに成功。
コロナが落ち着けば、食事デートにも誘ってくれるようになっていました。
新型コロナが、これで消えるのか?と思っていたら、年末になって、またその勢いが強くなってしまっています。
でも、パパ活という稼ぎ方法を心得ています。
パパ活アプリで、再び活動をすれば、再度の自粛だってノリきる自信があります。

 

 

名前:愛乃音
性別:女性
年齢:35歳
 芳住愛乃音、35歳のシングルマザーです。
シングルマザーの生活は、それだけでも大変です。
子育てに仕事に、大忙しです。
仕事のスキルを持っていない私ですから、現在は中小企業勤めです。
それでなくても生活が大変だったのに、今年に入って大きな病気が日本を襲ってきました。
そのため、副業でやっていたパートを失ってしまって、生活が大ピンチに突入。
そんな私を救ってくれたのが、オンラインでお酒を飲む、お金持ちの男性でした。

ページの先頭へ戻る